【サッカー人気1位】危機を察する力とメリハリのなさは痛みに…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

長谷川健太監督「ACLを含むタイトな日程を楽しんで、チャレンジしていきたい」【6月17日練習後Web囲み取材】

 

6月17日の練習にて、長谷川健太監督。©F.C.TOKYO


 本日6月17日の練習後、長谷川健太監督がWeb囲み取材に応じた。
 6月2日に全体練習が始まってから約2週間の現状を、練習試合も実施しけが人も発生していないが、チームの仕上がりはまだまだ――と冒頭に伝えると、以後は各媒体からの質問に応じた。
『トーキョーワッショイ!プレミアム』では今後日程が発表されるACLについて、そして全日程を消化せずに大会が成立するケースについてどう考えているかについて訊ねている。
 
◆「この状況を楽しみたい」「離脱者を出さないということも大きなポイント」
 

画面を通じて取材に応じる長谷川監督。


 前述した二点についての長谷川監督とのやりとりは以下のとおり。

(残り 2321文字/全文: 2792文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック