観衆508人の衝撃(J論)

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

J1デビューを果たし順応しつつある原大智「デビューからの2試合でJ1がどういう環境でどういう舞台かを感じることが出来た。次の試合もすごく楽しみ」【7月30日練習後Web囲み取材】

 

Web囲み取材に応じる原大智。


©F.C.TOKYO


 
 清水エスパルスとの練習試合で金髪化が確認された原大智が、その姿のままJ1デビューを果たし、2試合が経過している。初戦となった北海道コンサドーレ札幌戦のあと、金髪の評判は「意外によかった」(原)とのこと。注目の度合いを増す21歳の高身長ウインガーが本日7月30日、Web囲み取材に応じた。
 

清水エスパルス戦での原大智。7月13日。


◆冒頭のコメント
 
 2日間あったオフで、すごくリフレッシュできました。チームとしてもいい準備ができていると思います。自分も(次節)出たら結果を出せるように準備していきたい。
 
◆青赤20からの質問
 

©F.C.TOKYO



――前節鹿島アントラーズ戦は公式記録上はカウントされていないみたいなんですけど、クロスに対して入っていっている。札幌戦も2本のシュートがあり、20分とちょっとの出場時間で決定機までは行っているわけですが、量的にどのくらい出来たという感触ですか?
 
 出来たところと出来ていないところがしっかりわかりました。
 (J1)デビューした札幌戦からの2試合でJ1がどういう環境でどういう舞台かということを感じられたので、次の試合もすごく楽しみです。(この2試合では)自分を出し切れていなかったので、出していきたいと思います。
 
――出来ていないというのは?
 
 そうですね、

(残り 1739文字/全文: 2638文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック