【サッカー人気4位】東京に移籍した青木拓矢、開幕戦レッズ戦…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

「いまはどのポジションに入ってもやれるという感覚がある」「もっと攻撃に絡んでいくところを見せていければ」三田啓貴、離脱者が増えてきたFC東京の救世主となるか【7月31日練習後Web囲み取材】

 

笑顔も見られた。


Web取材に対応する三田啓貴。


◆冒頭のコメント
 
 コンディションはいいかたちで調整できていますし、チームとしてもいま引き分けがふたつつづいていますけど、ホームに帰ってきて勝点3を獲るというところで、一丸となってやれていると思います。
 
◆青赤20からの質問
 
――真ん中のポジションに加えて先日の鹿島戦ではサイドのポジションでもプレーしていますが、ちがうところは?
 
 もちろん3ボランチでやるときもありますし2ボランチ、サイド、トップ下といろいろなポジションを試してきているなかで、共通してやるところはハードワーク。それはどのポジションでも欠かすことができないですし、いまはどのポジションに入ってもやれるという感覚があるので、

(残り 752文字/全文: 1235文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック