【サッカー人気5位】【フクロウの時報】武蔵のオファーは想定…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

U-19日本代表候補の晴山岬についてFC町田ゼルビアの大友健寿社長が記者会見【無料公開】

 

 
U-19日本代表候補の晴山岬が陽性判定となったことについて8月2日、FC町田ゼルビアの大友健寿社長が記者会見をおこなった。

晴山は1日、公共交通機関で都内にあるパーソナルトレーナーの自宅まで移動、そこからタクシーでU-19日本代表候補トレーニングキャンプのため千葉県内のホテルへと向かった。そして代表チームの対策でSmertAmp法、PCR検査で陽性判定。昨日時点では自覚症状はなかったが、本日2日は37.2度の発熱があり、病院で療養中。行動履歴に1日の検査まで体調不良はなかったという。

一方、町田のトップチームは1日17時台に新幹線で京都入り。町田に晴山の情報が入ったのはそのあとで、1日中に京都へ連絡、本日2日にJリーグ、専門家、京都、町田で協議をおこない、濃厚接触の該当者が遠征メンバーにいないことを確認して試合開催を決めた。
なお7月31日に実施したJリーグ公式検査では晴山以外の選手スタッフは陰性、晴山のみ陽性だった。この結果がわかったのは2日の15時30分頃。晴山のほかに体調不良者はいない。

「クラブとしては今後よりいっそうの感染症予防の対策を強化していきたい」という大友社長に「出来るかぎりの予防はしていると思うが、それでも感染してしまう難しさについてどう思うか?」と訊ねると、次のように答えられた。
「ほんとうに仰るとおり、Jリーグのプロトコルに基づいて感染対策をしていたなかで感染者が出たというところですので、非常にその、リスクはどこにでも潜んでいるなという想いはございます。“よりいっそう”というところがどこまで選手の行動を規制するべきなのかというところにもなってくる。そこはクラブ内で話し合いをして決めていきたいと思います」

今後はトレーニングの方法を変更する必要があるかも検討し、関係各所と連絡を取り合いながら必要があればクラブ独自の検査をおこなう可能性もあるという。
なおU-19日本代表候補トレーニングキャンプには野澤大志ブランドン、バングーナガンデ佳史扶が招集されていた。

この会見のあと、大宮アルディージャとアビスパ福岡も記者会見をおこない、試合の中止を報告。Jリーグと各Jクラブが新型コロナウイルス感染拡大への対応に追われている。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック