【サッカー人気3位】【J1騒乱】川崎vs名古屋:勝負を決め…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

FC東京は堅守セレッソ大阪の“得点力”を警戒。切り込み隊長の坂元達裕を小川諒也が迎え撃つ、2位と3位の対決。長谷川健太監督「諒也のパフォーマンスがキーになる」【9月22日練習後Web囲み取材】

 

Web囲み取材対応中の長谷川健太監督。


 セレッソ大阪の攻撃を牽引する坂元達裕を警戒し、期待したいFC東京の選手に小川諒也を推す。長谷川健太監督の言葉が、この試合のキーポイントを浮かび上がらせた。
 
◆小川諒也がキーになる
 

©F.C.TOKYO


 明日9月23日に味の素スタジアムでおこなわれるJ1第18節セレッソ戦を控え、22日の練習後、長谷川監督がWeb囲み取材に応じた。
 現在2位のセレッソに対して東京は3位。独走する川崎フロンターレへの挑戦権をかけた直接対決となるが、長谷川監督は「どの試合も非常に大事な試合、一戦一戦、という姿勢は変わらず、ホームなのでセレッソを相手に勝利したい」と、大一番と言えども1/34、されどどの試合も決勝戦、一戦必勝の覚悟を崩さない。
 ましてセレッソは「堅守プラス今シーズンは得点力。どこがウイークだというところはない」と長谷川監督が言うように

(残り 1232文字/全文: 1771文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック