【サッカー人気3位】全北現代について畠中慎之輔は「簡単な試…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

長谷川健太監督、J1通算100ゴールの渡邉千真を含むガンバ大阪攻撃陣への対処に「自分たちの戦い方でこまかいところにこだわってやれるかどうか」。守護神の林彰洋は雨中を想定してセカンドボールの拾い合いに焦点【10月9日練習後Web囲み取材】

 

©F.C.TOKYO


©F.C.TOKYO


 あす10月10日、FC東京は味の素スタジアムでJ1第21節に臨み、リーグ戦5連勝中のガンバ大阪と対戦する。ルヴァンカップ準決勝を戦った東京だけでなく、ガンバもサガン鳥栖の未消化試合に付き合う格好で7日水曜日にJ1第10節を戦っていて、コンディション的には同等に近い条件となる。川崎フロンターレに勝った東京にも5連勝と渡邉千真のJ1通算100ゴール達成でお祝いムードのガンバにも勢いがある。この上位同士の対決は緊迫したものになるだろう。集中開催されるACLの会場がカタールのドーハとなることが決定、ルヴァンカップ決勝も1カ月後に控えるが、まずは眼の前のリーグ戦に全力を傾注したい。
 
◆前回は敵地パナスタでの勝利も薄氷を踏む思い。強敵への対処法は?
 

Web囲み取材に応じる長谷川健太監督。


 前回対戦は8月29日、パナソニックスタジアム吹田でのJ1第13節。東京がディエゴ オリヴェイラのゴールで前半8分に先制したがその後

(残り 1548文字/全文: 2200文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック