【サッカー人気5位】東慶悟「(アジアの舞台は)審判、相手の…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

安部柊斗コメント「前半に点が獲れなかったことがきょうの敗因」【J1第28節「FC東京 vs.横浜F・マリノス」】

 

Web会見の最後に登場した安部柊斗。自らの枠外シュートを含め、好機を逸したことを反省した。


 J1第28節「FC東京 vs.横浜F・マリノス」の試合後記者会見にはアンジェ ポステコグルー監督、長谷川健太監督、永井謙佑、畠中槙之輔、ジュニオール サントス、安部柊斗が順に登壇。ここでは安部のコメントをお届けする。
 
◆安部柊斗、敗因を語る
 
──悔しい結果になったが、1失点後に修正出来なかったチームにピッチ上で感じたことは。
 1失点目を喫したときは「まだまだ行ける」という感じだったのですが、2失点目が早かった。そこで選手がガクッとなったのではないかというところはあります。1失点のあと巻き返すことが出来なかった、それが失点がつづく結果につながったと思います。
 
──失点するまで、後半の7~8分くらいまでは相手のウラが空いた瞬間攻めに転じてチャンスはあった。あそこまでは狙いどおりだったのか。
 そうですね、試合の立ち上がりから前半が終わるまで

(残り 1060文字/全文: 1563文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック