【サッカー人気2位】鬼門で完敗。それでも、旅路は始まったば…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

原博実副理事長最速ルヴァン決勝Preview/木村正明専務理事「スタジアムは安全で楽しいとJの総力を挙げて実証したい」/セレッソ大阪瀬古歩夢ニューヒーロー賞【ルヴァンカップ決勝「柏レイソル vs. FC東京」まであと5日】

 
 ルヴァンカップ決勝まであと5日。
 11月2日は「2020JリーグYBCルヴァンカップニューヒーロー賞」受賞選手である瀬古歩夢(セレッソ大阪)のオンライン取材、そしてJリーグ実行委員会後メディアブリーフィングでルヴァンカップ決勝についての説明がおこなわれた。これらの模様をダイジェストでお届けする。
 
◆セレッソ大阪の瀬古歩夢がオンライン取材対応
 
 ニューヒーロー賞受賞選手にセレッソ大阪の瀬古歩夢が選出され、練習後、取材に対応した。
 ロティーナ監督のもと、安定した守備を見せているセレッソのストッパーとして躍動。ルヴァンカップグループステージ3試合とプライムステージ1試合で4試合1失点という結果に貢献、8月以降はリーグ戦でも全試合に出場し、大会を通じて成長するというニューヒーロー賞にふさわしい活躍を見せたことが評価されての受賞となった。
 
「こういった大変光栄な賞をいただき、非常に嬉しく思っております。この賞をとれたのはチームメイトのおかげだと思っていますし、この賞を機に、もっともっと活躍出来る選手になっていきたいと思っております」
 

©セレッソ大阪/Jリーグ


 このように瀬古が挨拶すると質疑応答が始まり、冒頭、中継局のフジテレビが代表質問。
 新型コロナウイルス禍への対応策として導入されたZoomのオンライン取材は生の取材とは異なるやりにくさはあるものの、遠隔取材によりJリーグの情報を全国メディアに供給出来る点は明らかにメリットだと感じられる場面だった。
「こんな賞をいただけるなんて」と、受賞の喜びを語っていた瀬古。今後よりいっそうの飛躍を期待したい。
 
◆原博実Jリーグ副理事長によるルヴァンカップ決勝最速Preview
 
 実行委員会後メディアブリーフィングでは主にルヴァンカップ決勝についての説明がおこなわれた。
 原博実Jリーグ副理事長によるプレビューがおもしろかったので、もとの口調を活かしてお届けする。
 

ルヴァンカップ決勝の見どころを語った原博実Jリーグ副理事長。

**********

 
 はい! みなさんこんばんは。
 原でございます。

(残り 2364文字/全文: 3422文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック