【サッカー人気5位】新ブラジル人アタッカーのエウベルが、ど…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

内田宅哉、ACL初出場に「何も出来なかった」と述べるも、グループ突破の可能性にかけ「全力で戦いたい」【ACL/ドーハ戦記/グループF MD5 東京1-2蔚山】

 

ACL初出場の内田宅哉。©F.C.TOKYO


 右ウイングで先発し、62分間プレーした内田宅哉。
 ACL初出場となったが、さすがに敗戦のあととあって自己評価は厳しかった。
「何も出来なかったなというのが率直なところです。試合にも勝てなかったし、

(残り 595文字/全文: 789文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック