【サッカー人気3位】【松本山雅】[元悦対談]新監督・名波浩…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

長谷川健太監督、ACLラウンド16に待ち受ける北京、そして帰国後の待機措置を緩和するアスリートトラックの適用について語る【ACL/ドーハ戦記】

 

トレーニング中の長谷川健太監督。©F.C.TOKYO


 本日12月4日、Jリーグから発表されたACL出場チームに対するアスリートトラックの適用について訊ねると、長谷川健太監督は「きょう、我々も聞きました」と答えた。
 
「もちろん最後の日程(ACL決勝、12月19日)までこちらで試合をして(から帰国)――と思ってはいますが、それにしても戻ってから2週間待機でトレーニング出来ないという状況のなかだったのが、トレーニング、また試合もしてもいいよというかたちで、スポーツをおこなう関係者にとっては非常にありがたい措置をとっていただいて非常に嬉しく思います。出来るかぎりいい成績を残して、

(残り 1292文字/全文: 1661文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ