【サッカー人気5位】無敗の首位撃破なるか。新潟の攻略ポイン…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

バングーナガンデ佳史扶、味スタデビューのルヴァンカップ徳島戦を振り返る【ルヴァンカップ第1節「FC東京vs.徳島ヴォルティス」】

 

2001年9月24日生まれのバングーナガンデ佳史扶が先発メンバー中、最年少。 ©F.C.TOKYO


 ルヴァンカップ初戦はFC東京が徳島ヴォルティスに1-0の勝利を収める結果に終わった。試合後、長谷川健太監督は出場した選手たちについてこう言っていた。
「若い選手とは言ってもJ3やルヴァンカップを含めて長い期間出場しているメンバーなので、そんなに一年目、二年目にルヴァンでメンバーを入れ替えたときのようなことはなかったですね。彼らはリーグ戦のメンバーになってもおかしくないくらいの実力はある」
 不安定で監督の力添えが必要と思われる時期は過ぎている――と受け取れる言葉だった。
 
◆サイドバックはまず……と、長谷川健太監督
 

球際に強く、身体能力を発揮した。 ©F.C.TOKYO


 2001年早生まれの中村拓海よりも一学年下、徳島戦の東京で最年少となった左サイドバックのバングーナガンデ佳史扶も、自信を持って味の素スタジアムデビュー戦(2019のルヴァンカップ準々決勝ホーム戦はNACK5での開催)のピッチに臨んだという。
「自分は、かなり

(残り 1200文字/全文: 1815文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ