【サッカー人気1位】【ニュースの現場から】7月31日付けで…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

長谷川健太監督「悠長に構えている時間はありませんが、しっかりとチームを一歩ずつ向上させていきたい」東慶悟「もっと厚みのある攻撃が出てくれば相手にプレッシャーがかかる」メンバーが入れ替わる中でもイメージを共有し、前進する青赤軍団

 

©F.C.TOKYO


 1-0の勝利を収めたルヴァンカップの徳島ヴォルティス戦を除けば、今シーズンで初めて先制点を挙げたJ1第4節大分トリニータ戦。残念ながら選手交代のある後半に追いつかれ引き分けに終わったが、長谷川健太監督は「後半は慎重になってしまった。ともすると守って逃げ切るほうに傾いてしまったのか、私自身も反省している。さらに追加点、ダメ押しと獲っていけるようにしたい」と述べた。
 

©F.C.TOKYO


 そのように課題があるとはいえ前半の内容はすばらしく、しかもそれを先発メンバーが6人入れ替わったなかで成し遂げたということは、主力かそうでないかに関係なく、チーム全体でめざすサッカーを共有出来ていることを意味する。この点についての感触を訊ねると、長谷川監督はこう答えた。
「メインの11人、核となるメンバーは決まってくると思うのですが、

(残り 1579文字/全文: 2099文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ