【サッカー人気4位】【松本山雅】[元悦対談]新監督・名波浩…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

この一戦にかける想いの強さがグループ最強のライバルを凌駕した、白熱の勝利【ルヴァンカップGS第2節「FC東京vs.ヴィッセル神戸」観戦記】

 

©F.C.TOKYO


 今シーズンの試合後レポートとしてお届けする「観戦記」。今回は3月28日に味の素スタジアムで開催されたルヴァンカップグループステージ第2節、ヴィッセル神戸戦について書いていきます。
 
 さて、日本代表戦と並行しておこなわれ、そこに招集された選手やけが人が不在、かつカップ戦というシチュエーションで、どうしても注目度は低くなりがちですが、試合の価値を高められるか否かは己次第。そこへ行くと、神戸もFC東京もここにかける想いの強さ、テンションの高さで、好ゲームに仕立て上げたという感じがしました。かたや神戸は2点を追いかける後半、酒井高徳、山口蛍、セルジ サンペール、藤本憲明という主力級を続々と投入。「うぉいしょー!」の掛け声でおなじみ気合いの巨漢ディフェンダー菊池流帆は増山朝陽との交代でなんとパワープレー要員のフォワードとしての起用。勝負と勝点にかける姿勢を示しました。
 しかしやはりというか、さすがです。勝負師の長谷川健太監督は

(残り 1819文字/全文: 2321文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ