【サッカー人気4位】【大宮アルディージャ】松本山雅戦、勝ち…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

青木拓矢「みんなとコミュニケーションをとっていい方向に進んでいきたい」。真ん中のポジションから選手同士をつなげていこうとする自覚

 

©F.C.TOKYO


 前節、鹿島アントラーズ戦の前半は、自陣中央後方に絞った4-4のブロックの周囲を使われ、FC東京は何も出来なかった。
 
 選手が力を発揮して切れていないもどかしさが伝わってくるかのようなこの5連敗。鹿島戦にしても、3バックで中盤を3枚に増やし相手と布陣をマッチさせた後半はいい戦いが出来ていた。うまく嵌められさえすればもっと出来るという想いがあるのではないか。
 中盤の中央でプレーする青木拓矢も、もっと自分たちからプレスに行く必要性は認めた。
 
「そうですね。やはり簡単に(相手の)センターバックに持ち運ばれてサイドに出されたときに、

(残り 1441文字/全文: 1799文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ