【サッカー人気2位】痛恨のミス連発で逆転負け。それでも、チ…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

小川諒也は2次予選のA代表、田川亨介はサバイバルのU-24代表へ【トピックス/無料公開】

 

U-24日本代表フォワードの座を競う4人のうちのひとりとなった田川亨介。


 6月の活動に招集される日本代表とU-24日本代表メンバーが本日5月20日に発表され、A代表には小川諒也、五輪代表候補であるU-24代表には田川亨介が選出された。
 A代表、U-24代表の試合日程は以下のとおり。
 
◆A代表
 
6月3日(木) SAMURAI BLUE(日本代表) vs ジャマイカ代表 【キリンチャレンジカップ2021】
19:30キックオフ(予定) / 札幌ドーム

6月7日(月) SAMURAI BLUE(日本代表) vs タジキスタン代表 【FIFAワールドカップカタール2022 アジア2次予選】
19:30キックオフ(予定) / パナソニックスタジアム吹田

6月11日(金) SAMURAI BLUE(日本代表) vs セルビア代表 【キリンチャレンジカップ2021】
19:25キックオフ(予定) / ノエビスタジアム神戸

6月15日(火) SAMURAI BLUE(日本代表) vs キルギス代表 【FIFAワールドカップカタール2022 アジア2次予選】
19:25キックオフ(予定) / パナソニックスタジアム吹田
 
◆U-24代表
 
6月5日(土)U-24日本代表 vs U-24ガーナ代表【国際親善試合】
19:25キックオフ(予定) / ベスト電器スタジアム

6月8日(火)U-24日本代表 vs U-24ガーナ代表【練習試合】
15:00キックオフ(予定) / 会場未定

6月12日(土)U-24日本代表 vs ジャマイカ代表【国際親善試合】
13:35キックオフ(予定) / 豊田スタジアム

 A代表はキリンチャレンジカップで歯ごたえのある中米、欧州のチームと戦いながらワールドカップ2次予選でモンゴル代表よりも強いだろう2カ国と対戦する。
 一方、U-24代表は東京五輪本大会に向けた最終選考過程。オーバーエイジ3枠、ゴールキーパー2枠を除くフィールドプレーヤー13枠という狭き門に田川亨介が挑むことになる。
 
◆小川諒也「1対1のところは代表につなげていきたい」
 
 小川が前回の代表招集からクラブに戻ってきたあと、FC東京は川崎フロンターレ戦以降5連敗。この期間、個人的に振り返る時間は多かったという。柏レイソル戦に無失点で勝った感触を携え、長友佑都、そして佐々木翔の待つA代表サイドバック戦線に向かう。
「最初のうちは失点しても獲り返して勝っていましたけど、連敗中は失点が多くいい攻撃につながらなかった。いい守備が出来ないといい攻撃が出来ないと、守備の意識は高まったと思います。FC東京と日本代表とでサッカーのちがいはありますが、個人の1対1の守備、攻撃はしっかり代表につなげていきたい」
 
 チームが連敗している状況のなかで選ばれたのはすごくうれしい。代表から帰ってきたときチームにいい影響を与えられるようにやってきたい──と、東京を思いやる一面も。
 長友から吸収出来るものを吸収しつつ、代表で体感する強度や速度の基準を東京に持ち帰るつもりだ。
 
◆田川亨介「点を獲ることに集中したい」
 
 田川は苛烈なサバイバルにもかかわらず飄々としていた。不安要素があるとすれば、U-20ワールドカップでは右ハムストリングス筋を傷めた過去があり、競り合いにも強くパワフルで推進力がある反面、いわゆる“自爆”でリタイアする可能性が数少ないそれではあるが、状態のよさがその不安感を薄くしている。
「確かにけがをしないことがいちばん大事になってくると思います。でもプレーするときは気に出来ないので、気をつけるは気をつけるんですけど、しっかり戦うところは見せていきたいと思います」
 
 オーバーエイジ枠にフォワードがいないことから、林大地、前田大然、上田綺世と2枠を競うのだとしても、競争率は1/2。この痺れる選考レースにも「前を向いて自分のプレーを出すこと、点を獲ることに集中したい」と、ブレない自然体で6月の3試合に挑む。
 
———–
後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
———–

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」とは

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」について

『青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン』は、フリーライターである後藤が編集し、FC東京を中心としたサッカーの「いま」をお伝えするウェブマガジンです。試合のレポート、監督や選手のインタヴュー、コラムなど、他媒体では読めない量と質を追い求め、情報をお届けします。
FC東京トップチームのほか、U-18、関係他クラブや東京都のサッカーについてもお伝えしていきます。

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンは平均して週4回の更新をめざしています。公開されるコンテンツは次のとおりです。

 

●試合情報(試合後の取材も加味したマッチレポートなど)
●今週の小平(練習レポート、日々の動静)
●コラム(人物、トレーニングやプレーの内容を掘り下げたもの)
●ニュース(公共性の高い情報)
●お知らせ(弊サイトについてのお知らせ)
●Interview(オフなど不定期に)

 

新聞等はその都度「点」でマスの読者に届けるためのネタを選択せざるをえませんが、自由度が高い青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンでは、より少数の東京ファンに向け、他媒体では載らないような情報でもお伝えしていくことができます。すべての記事をならべると、その一年の移り変わりを体感できるはず。あなたもワッショイで激動のシーズンを体感しよう!

 

◎後藤勝(ごとう・まさる)
東京都出身のライター兼編集者。FC東京を中心に日本サッカーの現在を追う。サカつくとリアルサッカーの雑誌だった『サッカルチョ』そして半田雄一さん編集長時代の『サッカー批評』でサッカーライターとしてのキャリアを始め、現在はさまざまな媒体に寄稿。著書に、2004年までのFC東京をファンと記者双方の視点で追った観戦記ルポ『トーキョーワッショイ!プレミアム』(双葉社)、佐川急便東京SCなどの東京社会人サッカー的なホームタウン分割を意識した近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(カンゼン)がある。2011年にメールマガジンとして『トーキョーワッショイ!MM』を開始したのち、2012年秋にタグマへ移行し『トーキョーワッショイ!プレミアム』に装いをあらためウェブマガジンとして再スタートを切った。

 

■J論でのインタビュー
「ライターと編集者。”二足の草鞋”を履くことになった動機とは?」後藤勝/前編【オレたちのライター道】

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ