【サッカー人気1位】川端暁彦と五輪GL総括「予定外の事も良…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

児玉剛に「本を読め」と促され、書店で自らビビッと来た一冊は稲盛和夫著『考え方』。考え方、生き方を変えつつある波多野豪がルヴァンにつづく勝利をめざす

 

©F.C.TOKYO


 こざっぱりした波多野豪。一見して雰囲気が以前とちょっとちがう感じもする。
 その変化の一因は、これまでしてこなかった読書にあるという。
 
「とある練習の前のテーピングを巻いているときに、ぼくはいつもだいたい児玉(剛)選手といっしょになるんですけれども、だいたいそこで2分、3分くらいですけど、熱く話すんですよ。そのときに『何かいい(自分を)変えられる方法ありますかね』という話をしたときに『読書ええで!』っていうふうに言ってもらって。

(残り 1895文字/全文: 2200文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ