【サッカー人気1位】先制点は今季のベストゴール候補 ゴール…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

ヨコハマ・フットボール映画祭でFC東京ファン映画『ユルネバ2021 眠らない街』上映決定→即チケット完売【ニュース/無料公開】

 

 2015年発表の『ユルネバ~キミは一人じゃない』から6年、続編に当たる『ユルネバ2021 眠らない街』のヨコハマ・フットボール映画祭での上映が決定。本日9月4日12時からチケットを発売したが、即完売した。
 
 サッカー映画を“ピッチ内”と“ピッチ外”に分類するなら、これはもちろん“ピッチ外”。ピッチ外ものでは『ぼくのプレミア・ライフ』や『シーズンチケット』が代表例で、サッカーファンを主人公に、サッカーのある暮らしを描くヒューマンドラマといった体をとり、サッカーが人生にもたらす作用を発見するというものが多い。
 
 前作はこれを応用してFC東京のファンを主人公にした場合にどのような悲喜こもごもがあるのかを徹頭徹尾拾い上げるという意欲的なものだった。また、iPhone8台を駆使して撮影した映像を編集するという当時としては斬新な制作手法も話題になった。
 つまりストーリーや芝居の面白さ以前に考える要素が多い映画が『ユルネバ~キミは一人じゃない』だった。
 
 今回は新たな要素が加わっている。コロナ禍だ。
 
 多くのフィクションは新型コロナウイルス感染症が存在しない世界のお話であり、いわばエピデミックから目を背けた状態。マスクをつけて演技をし、感染対策マナーを守るドラマ『孤独のグルメ』最新シーズンは例外中の例外だ。
 
 まずコロナが存在することを認める。これはサッカーファンを描くうえできわめて重要だ。なぜなら2020年と2021年にかぎっては、サッカーファンは声を出せないという制限のもとで観戦しているからだ。
 
 そして舞台はスポーツバーという密室である。必然的に、密室劇という新たな要素が加わる。
 
 有観客試合でも、観戦のリスクを避けるため会場に行かない、あるいは以前のように応援出来ないのならネット配信かたまにあるTV放送で観戦するという選択をするファンもいる。無観客試合ならそもそも会場に入れないから、どこかで配信または放送を観ることになる。
 なかには“活動の場”をスポーツバーに絞るファンもいるだろう。『ユルネバ2021 眠らない街』が体当りするのは、そういうシチュエーションだ。
 
 さらには、映画制作が感染リスクを伴う行為でもある。もちろんこの作品も感染予防対策を徹底しているが、制作自体が挑戦であるとも言える。
 
 ミニマムな制作システム、和製ピッチ外サッカー映画、ウィズコロナ、密室劇……さまざまなフックを内包するこの作品にはFC東京の石川直宏CCは出演するほか、森下舞桜、月野もあ、小島夕佳といったアイドルグループ「仮面女子」各ユニットのセンターが共演するレアな配役となっている。ヨコハマ・フットボール映画祭初日のトリとして10月9日18時から「かなっくホール」で上映される。
 
———–
後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
———–

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」とは

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」について

『青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン』は、フリーライターである後藤が編集し、FC東京を中心としたサッカーの「いま」をお伝えするウェブマガジンです。試合のレポート、監督や選手のインタヴュー、コラムなど、他媒体では読めない量と質を追い求め、情報をお届けします。
FC東京トップチームのほか、U-18、関係他クラブや東京都のサッカーについてもお伝えしていきます。

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンは平均して週4回の更新をめざしています。公開されるコンテンツは次のとおりです。

 

●試合情報(試合後の取材も加味したマッチレポートなど)
●今週の小平(練習レポート、日々の動静)
●コラム(人物、トレーニングやプレーの内容を掘り下げたもの)
●ニュース(公共性の高い情報)
●お知らせ(弊サイトについてのお知らせ)
●Interview(オフなど不定期に)

 

新聞等はその都度「点」でマスの読者に届けるためのネタを選択せざるをえませんが、自由度が高い青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンでは、より少数の東京ファンに向け、他媒体では載らないような情報でもお伝えしていくことができます。すべての記事をならべると、その一年の移り変わりを体感できるはず。あなたもワッショイで激動のシーズンを体感しよう!

 

◎後藤勝(ごとう・まさる)
東京都出身のライター兼編集者。FC東京を中心に日本サッカーの現在を追う。サカつくとリアルサッカーの雑誌だった『サッカルチョ』そして半田雄一さん編集長時代の『サッカー批評』でサッカーライターとしてのキャリアを始め、現在はさまざまな媒体に寄稿。著書に、2004年までのFC東京をファンと記者双方の視点で追った観戦記ルポ『トーキョーワッショイ!プレミアム』(双葉社)、佐川急便東京SCなどの東京社会人サッカー的なホームタウン分割を意識した近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(カンゼン)がある。2011年にメールマガジンとして『トーキョーワッショイ!MM』を開始したのち、2012年秋にタグマへ移行し『トーキョーワッショイ!プレミアム』に装いをあらためウェブマガジンとして再スタートを切った。

 

■J論でのインタビュー
「ライターと編集者。”二足の草鞋”を履くことになった動機とは?」後藤勝/前編【オレたちのライター道】

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ