【サッカー人気5位】【J1騒乱】[熱論]優勝カウントダウン…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

長友佑都の加入により、FC東京は世界基準へ。一段上の強さと優勝をめざす【無料公開】

 

©F.C.TOKYO


「(東京を)愛する気持ちというのはたぶん、自分がそれだけの愛を受けてきたから感じるものであって、それは当時大学生で太鼓を叩いていたぼくを拾ってくださってで、そこからまあ2年半ですね、まあ強化指定も入れたら3年くらいの間ほんとうにたくさんの愛をもらったんで。それはほんとうに心が震えるほど、ここがほんとうに自分のホームなんだなって思わせてくれたっていうのはいまでも心に残ってるので。そこだと思います」
 
「FC東京のサポーターに支えてくれる愛を感じていた」と言う長友佑都。自身の誕生日である9月12日に東京への加入を発表すると、その後TV向けの会見とWeb囲み取材に応じた。長友は、これから優勝を本気でめざしていくというクラブのヴィジョンに共鳴し、青赤軍団への復帰を決めた。めざすは今季のルヴァンカップ制覇と、来季のJ1初優勝だ。
 
「正式なオファーをいただき、熱意、FC 東京が今後めざしていくヴィジョンに感動したというか心を動かされたので、このクラブに戻って力になりたいという想いに至りました」

©F.C.TOKYO


 11年前、もっとビッグになって、世界一のサイドバックになって、また青赤のユニフォームを着てこのピッチにいられるように──と言い残してイタリアへと渡った。しかし今回の復帰を、本人は「有言実行でもなく、目標をいまだ追っています。世界一のサイドバックにもなれてないですし、ここでしっかりとパフォーマンスを出して来年の ワールドカップで最高の活躍をしてその目標を達成したい」と言う。ギラギラした“現役”の状態で、強い意欲を持った状態での帰還だ。
 
 そしてこれまでの経験、培ってきたものを東京に還元したいという。世界基準のメンタリティーと準備する力を後輩たちに伝えたいというのだ。
 
 背番号50がめざす地点は、健太サッカーと融合するのかもしれない。この日長谷川健太監督と話したという長友は、これからやろうとするサッカーへの共感を語った。
 
「健太さんは厳しい方だということも聞いてたんですけど、でも厳しさのなかにやっぱりすごい温かさがあって、すごく漢気が溢れる人だなと。チームのコンセプトについて話したんですけど、自分が理想とするじゃないですけどそういうサッカーを健太さんは志向されていて、自分自身も何の迷いもなくこのチームに入っていけるなと」
 
 強度の高さ、切り替えのすばやさという原理原則は、長友が味わってきた欧州の厳しさにも通ずるはず。
世界基準で戦ってきた長友が、世界基準をめざす東京を、より高い場所へと連れて行く。
 

©F.C.TOKYO


———–
後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
———–

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」とは

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」について

『青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン』は、フリーライターである後藤が編集し、FC東京を中心としたサッカーの「いま」をお伝えするウェブマガジンです。試合のレポート、監督や選手のインタヴュー、コラムなど、他媒体では読めない量と質を追い求め、情報をお届けします。
FC東京トップチームのほか、U-18、関係他クラブや東京都のサッカーについてもお伝えしていきます。

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンは平均して週4回の更新をめざしています。公開されるコンテンツは次のとおりです。

 

●試合情報(試合後の取材も加味したマッチレポートなど)
●今週の小平(練習レポート、日々の動静)
●コラム(人物、トレーニングやプレーの内容を掘り下げたもの)
●ニュース(公共性の高い情報)
●お知らせ(弊サイトについてのお知らせ)
●Interview(オフなど不定期に)

 

新聞等はその都度「点」でマスの読者に届けるためのネタを選択せざるをえませんが、自由度が高い青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンでは、より少数の東京ファンに向け、他媒体では載らないような情報でもお伝えしていくことができます。すべての記事をならべると、その一年の移り変わりを体感できるはず。あなたもワッショイで激動のシーズンを体感しよう!

 

◎後藤勝(ごとう・まさる)
東京都出身のライター兼編集者。FC東京を中心に日本サッカーの現在を追う。サカつくとリアルサッカーの雑誌だった『サッカルチョ』そして半田雄一さん編集長時代の『サッカー批評』でサッカーライターとしてのキャリアを始め、現在はさまざまな媒体に寄稿。著書に、2004年までのFC東京をファンと記者双方の視点で追った観戦記ルポ『トーキョーワッショイ!プレミアム』(双葉社)、佐川急便東京SCなどの東京社会人サッカー的なホームタウン分割を意識した近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(カンゼン)がある。2011年にメールマガジンとして『トーキョーワッショイ!MM』を開始したのち、2012年秋にタグマへ移行し『トーキョーワッショイ!プレミアム』に装いをあらためウェブマガジンとして再スタートを切った。

 

■J論でのインタビュー
「ライターと編集者。”二足の草鞋”を履くことになった動機とは?」後藤勝/前編【オレたちのライター道】

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ