【サッカー人気4位】【J1騒乱】[熱論]優勝カウントダウン…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

長谷川健太監督「体力的にきついということは当然、試合前からわかっていました」【J1第30節「FC東京 vs. 浦和レッズ」コメント】

 

 
○総括
 
 選手たちはほんとうに、タイトな日程のなかできつかったと思います。けど、よく最後まで走ってくれたと思っています。選手たちにはこの負けた責任というよりは、ほんとうによく戦ってくれたと思っています。
 
 先制点を獲れたので、私のほうでシステムを変えるとか、メンバー交代をもうちょっとうまくやれれば、もう少しちがった結果が出たかもしれないと思っています。そういう意味では、敗因は自分自身にあると思いますし、選手たちには全く罪はないと思います。2点を獲られたあとも最後まで浦和のゴールに迫る姿勢を見せてくれましたし、気持ちの部分では最後まで切れずにしっかりと戦ってくれたと思っています。
 
 まあ、強いて言えば、フレッシュな状況のなかで浦和と戦うことが出来れば、またもっとちがった展開になったかもしれませんが、今シーズンはルヴァンカップで勝ち上がっていけばまたチャンスは、(対戦の)可能性はあるので、ぜひ切り替えて、次の川崎戦に向けてまたしっかりと準備をしていきたいと思っています。
 
──まだルヴァンで当たる可能性があるので細かくは言えないと思うが、浦和対策という点で前半は分析を落とし込めたシーンが攻守に散見された。戦術的な戦いの手応えは(後藤)。

(残り 1141文字/全文: 1693文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ