【サッカー人気3位】【J2箱推し宣言!】岡山パウリーニョ、…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

長友佑都、サウジアラビア&オーストラリア戦の日本代表に選出。最新コメント「東京にはルヴァンを勝ち進んでもらいたい」【無料公開】

 

©F.C.TOKYO


 7日のサウジアラビア代表戦と12日のオーストラリア代表戦という重要な2試合が待つ10月のワールドカップアジア最終予選に向けた日本代表に、FC東京からはただひとり、長友佑都が選出された。メンバー発表がおこなわれた本日9月28日のコメントをお届けする。
 
◆過密日程には慣れている
 

©F.C.TOKYO


──11年ぶりに国内チームからの選出、合流となる。いままでとちがうと感じるところは。
 やっぱり、日本でのホームでの試合ではそのあとの移動もないわけで、負担は全然ちがいますね。
 
──サウジとは2017年9月にも同じKing Abdullah Sports Cityで戦っている。そのときの思い出、あるいは難しかったことは。
 そのときは最終予選で負けている。暑いなかでほんとうに苦しい試合だったから、苦い思い出があります。
 

©F.C.TOKYO


──サウジとオーストラリア、それぞれの印象は。
 サウジは非常にテクニックが非常にあり、パスワークが優れている。そのうえ身体能力が高い選手がいて、すごく難しい試合になるな、という感覚。
 オーストラリアは、フィジカル的にもちろんすごい選手がいる。最近はつなぎの部分や戦術的にもすごくレベルが上がっていて、そこも非常に難しい試合になるなと思っています。
 
──初戦でオマーンに負けたことを踏まえ、やっていくべきことは何か。
 やっぱり相手も勝ちたいという熱量がすごいなかで、ほんとうにすべてをかけて戦ってくるから、それ以上のものを自分たちが持てないと相手に飲まれてしまうな、と。特に最終予選では。しっかりと勝利に対する貪欲な姿勢、貪欲な気持ちというものを持って戦いたいと思います。
 
──過密日程で10月2日川崎戦のあとに代表召集となるが、コンディション面はどうか。
 ヨーロッパにいるときから慣れている。ヨーロッパで試合をやってから移動して戦っていたから。むしろ移動を考えると全然負担は違う。
 最終予選のアウエーゲームに行くときは移動があるけれど、それは欧州の選手もいっしょ。日本での試合のあとは日本に残れるわけで。時差も移動もない。ヨーロッパの選手は移動してそこからまた試合をやるわけで。もっと激しい移動と試合をつづけてきたから、そこは慣れています。
 

©F.C.TOKYO


──チームを不在になる間、東京はルヴァン準決勝を戦うが。
 そこはもうとにかく勝ち進んでもらいたいなと思う。
 
──ロシア大会の予選メンバーに比べ、代表チームの雰囲気にちがいはあるか。
 あのときよりも経験している選手がたくさんいるし、海外でプレーしている選手がほとんどだから、成熟しているのではないかと自分は思っている。ぼくは自信を持って戦えます。
 
———–
後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
———–

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」とは

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」について

『青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン』は、フリーライターである後藤が編集し、FC東京を中心としたサッカーの「いま」をお伝えするウェブマガジンです。試合のレポート、監督や選手のインタヴュー、コラムなど、他媒体では読めない量と質を追い求め、情報をお届けします。
FC東京トップチームのほか、U-18、関係他クラブや東京都のサッカーについてもお伝えしていきます。

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンは平均して週4回の更新をめざしています。公開されるコンテンツは次のとおりです。

 

●試合情報(試合後の取材も加味したマッチレポートなど)
●今週の小平(練習レポート、日々の動静)
●コラム(人物、トレーニングやプレーの内容を掘り下げたもの)
●ニュース(公共性の高い情報)
●お知らせ(弊サイトについてのお知らせ)
●Interview(オフなど不定期に)

 

新聞等はその都度「点」でマスの読者に届けるためのネタを選択せざるをえませんが、自由度が高い青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンでは、より少数の東京ファンに向け、他媒体では載らないような情報でもお伝えしていくことができます。すべての記事をならべると、その一年の移り変わりを体感できるはず。あなたもワッショイで激動のシーズンを体感しよう!

 

◎後藤勝(ごとう・まさる)
東京都出身のライター兼編集者。FC東京を中心に日本サッカーの現在を追う。サカつくとリアルサッカーの雑誌だった『サッカルチョ』そして半田雄一さん編集長時代の『サッカー批評』でサッカーライターとしてのキャリアを始め、現在はさまざまな媒体に寄稿。著書に、2004年までのFC東京をファンと記者双方の視点で追った観戦記ルポ『トーキョーワッショイ!プレミアム』(双葉社)、佐川急便東京SCなどの東京社会人サッカー的なホームタウン分割を意識した近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(カンゼン)がある。2011年にメールマガジンとして『トーキョーワッショイ!MM』を開始したのち、2012年秋にタグマへ移行し『トーキョーワッショイ!プレミアム』に装いをあらためウェブマガジンとして再スタートを切った。

 

■J論でのインタビュー
「ライターと編集者。”二足の草鞋”を履くことになった動機とは?」後藤勝/前編【オレたちのライター道】

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ