青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

横浜F・マリノス 8-0 FC東京。クラブワーストの1試合失点数で敗れたいくつもの原因。そして時間と空間を精度で圧縮するトリコロール軍団との差【J1第35節「横浜F・マリノス vs. FC東京」観戦記】

 

小机駅方面から見た日産スタジアム。


 今シーズンの試合後レポートとしてお届けする「観戦記」。今回は11月6日、日産スタジアムでおこなわれたJ1第35節横浜F・マリノス戦について書いていきます。
 長谷川健太監督の会見では多くの挙手があり他の方の質疑で制限時間が来てしまいましたので、私は東慶悟選手と大森理生選手に質問をしました。大敗した試合の常として、キャプテンが選手を代表して総括をするということで東が取材に対応するのは当然ですが、これがJ1デビュー戦となった大森にいろいろと訊くのはちょっと酷でした。しかししっかりとモニター越しにこちらを見て答えてくれた彼には感謝したいと思います。
 
◆事前の準備
 
 試合後『森マガ』( https://www.targma.jp/morimaga/)のライターである森雅史さんのスタジオにお邪魔して、試合を振り返る動画を収録しました。森さんの司会でうまく引き出していただき、3つのポイントに絞ってあれこれと話しましたが、敗因を挙げていくと3本の指には収まらず多岐に渡ります。10分ほどでは語りきれない。ここでは出来るかぎり書いていきます。読むのも苦行かもしれませんが、お付き合いください。

(残り 2456文字/全文: 3049文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ