【サッカー人気1位】【浦和を語ろう 特別編】元川悦子だから…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

内田宅哉「いちばん試合に出たいと思っているのは自分だと思っている」

 

公開練習の終了後、Web囲み取材に応じる内田宅哉。


 クラブサポートメンバー向け公開練習が終わったあと、内田宅哉がWeb囲み取材に応じた。選手会長に就任し、サイドバックのポジションで成功しかけていた矢先の5月26日に左肩関節脱臼で離脱。6月25日の手術から全治約6カ月という診断だったが、驚異的な回復力を示して今月11月からボールを使ったトレーニングを始め、16日からフルコンタクト、制限なしで練習に参加しているという。
 あと残り2試合となったリーグ戦の出場をめざし、調整している背番号14に訊いた。
 
◆サイドバックか、サイドハーフか
 

©F.C.TOKYO

(残り 1687文字/全文: 2118文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ