【サッカー人気2位】少し変化を入れ始めたチーム作りと、変わ…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

青木拓矢、尻上がりの一年間を振り返る。「ゼロというかマイナスというか、そこからもう一回奮起してやれた」【J1第38節「FC東京 vs. アビスパ福岡」コメント】

 

締めは青木拓矢。年内最後のFC東京公式戦後会見で、この日の順番も最後だった。


──シーズン終盤に入ってさらにパフォーマンスが上がりその好調を持続して今日も広い範囲に穴埋めに動いていた印象だが、それが広島戦とちがって劣勢のこの試合に活きたようにも思える。青木選手はどう考えていたのか(後藤)。
 
 前半から相手のカウンターをくらっていたので、そこを早めにケアしたいというのを前半のうちに感じてあの位置どりをしていました。
 
──一方でそこを意識しながらも攻めに加わる場面がこのところ出ていたと思うが今日も浮き球で展開するなどいいところがあった。攻めと守りのメリハリはどうだったか(後藤)。

(残り 1421文字/全文: 1796文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ