【サッカー人気3位】【マッチレポート】J2-15[H] 水…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

ヤクブ スウォビィク、初日から器の違いを見せる。鋭い反応で……

 

ヤクブ スウォビィク(撮影後藤)。


 写真を撮り逃がしたことが悔やまれる一瞬だった。クロスを入れる左右のサイドプレーヤーと中央のストライカー。1対3の数的優位を活かして攻撃側が気持ちよく決めるべきクロスシュート練習で、ボール回しでは奮わなかった長友佑都もすばらしいシュートを決めるなど、狙い通りに進んでいた。
 ゴールキーパーにとっては圧倒的に不利な状況。しかし、ヤクブ スウォビィクは魅せた。
 

長い手足でシュートを阻む(撮影後藤)。


◆周囲の喝采

(残り 1233文字/全文: 1601文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ