【サッカー人気5位】様々な要素を孕んだ“変身”。深刻さを増…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

森重真人「自分がまずしっかり理解する」と意気込みを語る。FC東京、ポジショナルプレーの概念を取り込んだボール保持重視のサッカーへの転換

 

囲み取材中の森重真人(撮影後藤)。


 既報のとおり、1月16日の始動日は全体練習終了後にアルベル監督と森重真人が対面とオンライン、ハイブリッド式の囲み取材に対応した。
 まだ初日とあって、練習は楽しく身体を動かそそれをファンに観てもらうためのもの、ミーティングも戦術の具体的なところではなく方向性の確認といったところのようだったが、新しい地図を書き込んでいくうえで同じスタート地点に立つべく意識を揃えることは出来たようだ。、
 
◆自分でも吸収したい。それが早くチームに浸透すれば……

(残り 2103文字/全文: 2420文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ