2013年4月のアーカイブ

【無料記事】真の「社畜」とは何か?(『やまもといちろうのメールマガジン「人間迷路」』ほか)1474文字

posted on 2013/04/24/ 01:00:02

◆やまもといちろうのメールマガジン「人間迷路」/毎週火曜日(第5週は除く)/735円
http://yakan-hiko.com/kirik.html

◆中川淳一郎の「お前ら、朝メシまえにまずはこれ読んどけ!」featuring「NEWSポストセブン」/毎週金曜日/630円
http://yakan-hiko.com/nakagawa.html

4月23日(火)に東京・阿佐ヶ谷ロフトAで行われた「ビジネス書ぶった斬りナイト5 ~社畜っていいな──組織に生きる素晴らしさって、あるよね~」というイベントに参加してきました。

私もサラリーマンだった時代があるのですが、「社畜」という言葉には深い思い出があります。

あれは、私が何回目かの新入社員時代のことでしょうか。上司に付き添い、外出することになりました。そこで私は、上司に何かを言われるたびに「ハイ、よろこんで!」と答えるなど、新入社員らしいフレッシュさをアピールしてみせました。そうした私の態度を怪訝に思ったのでしょう。上司は、私に対して、このように言いました。「ワタナベ君、君の態度はどういうつもりなのかね?」と。そこで私はすかさず、このように答えました。

「はい。社畜プレイです」

その発言に対して、上司は少し呆れた顔をして、このように告げました。

「ワタナベ君。給料をもらっておいて『プレイ』はないんじゃないかね」

この発言に私は絶句しました。そう、自分が「社畜」を演じていると思っているうちは、真の意味で「社畜」になり切れていないのです。真の「社畜」とは、自分が「社畜」だと自覚するまでもなく、まさに「社畜」としての所業を行う者を指す称号なのです。つまり、「社畜」を自称する者は、単なる「社畜ワナビー」に過ぎないと知るべきです。

さて、私の昔話はさておき、「ビジネス書ぶった斬りナイト」は非常に面白いイベントでした。なぜ、このようなことを書くかというと、登壇者の1人である漆原直行氏が、参加者に感想を求めているからです。

私はビジネス書には一切興味がないのですが、どういった著者・書籍が注目を集めていて、どのような評価を得ているのかには興味があるので、可能な限り参加するようにしています。また、登壇者である中川淳一郎氏とやまもといちろう氏は、有料メルマガ界のスターですから、あいさつをしておいて損はないという魂胆もあります。私のような小者には、こうした「朝貢」を欠かさないことが重要なのです。

それにしても、ご自身の有料メルマガ配信日が火曜日にもかからわず、23時過ぎまで、ここでは記せない「ノウハウ」を語っていただいた、やまもといちろう氏に敬意を表します。

◆オマケ1:先週配信『人間迷路』のここに注目!

続きを読む

【無料記事】4月14日~4月20日に届いた有料メルマガ+有料コンテンツ(現在60誌・3万3401円分を購読中)3677文字

posted on 2013/04/21/ 11:15:20

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000% アイドルソング 一ノ瀬トキヤ(通常仕様)
女子高生声優・木戸衣吹さんも『うたのプリンスさまっマジLOVE2000%』を見ているとのこと。お気に入りは一ノ瀬トキヤ。私と同じですね!

《毎日・週複数回配信》

続きを読む

【無料記事】有料メルマガ配信者の責任について(『津田大介の「メディアの現場」』)1234文字

posted on 2013/04/21/ 01:00:16

4月21日(日)に津田大介氏の有料メルマガ『メディアの現場』の73号が配信されました。この号では、私の連載コーナーである「週刊有料メルマガレビュー」(27回)が掲載されています。現在注目している有料メルマガを6本、さらに「ホリエモン仮釈放特集」と題し、堀江貴文氏に関連する有料メルマガを4本、紹介していますので、購読されている方はお楽しみください。(「有料メルマガダイジェスト」の内容を再構成・加筆した内容です)

さて、Twitterのタイムラインで感想を検索していると、しばしば、「金曜日配信なのに守られていない」との苦情を目にします。そこで、『メディアの現場』の配信ペースはどのように表記されているのか調べてみました。

続きを読む

【無料記事】「有料メルマガを配信していない」は過去のことですが・・・(家入一真『生け贄スタイルの理論と実践』)2206文字

posted on 2013/04/20/ 12:50:08

悪魔のいけにえ [Blu-ray]

有料メルマガ『生け贄スタイルの理論と実践』の配信者である家入一真氏の周囲が騒がしいようです。

私自身も最近、金を振り込まない人の対応に苦慮しており、人ごととは思えないのですが・・・。実際には人ごとなので、私の感想は、有料メルマガ『人間迷路』の配信者である、やまもといちろう氏の感想に近いです。

家入一真2013 ~今年の一真は踏み倒しを寄付呼びかけで埋める~(やまもといちろうBLOG)

正直、若野さんが公開した家入さんとのやり取りだけでは、どのような発注形態でどのレベルの納品が行われた結果、50万円(税抜)という請求となり、家入さんが払わなかったのか良く分かりません。

結局、どのような交渉がされていたのか分からない以上は、どちらの訴えが正当なのか判定できないということです。

続きを読む

【無料記事】「渡辺文重のアニメ視聴日記」号外(2013年春アニメ展望)5649文字

posted on 2013/04/18/ 10:40:48

「渡辺文重のアニメ視聴日記」の号外。2013年春アニメの期待度を記します。ちなみに、今期アニメを見ている時に発する独り言のベスト3は、「はやみん(早見沙織)、ええなぁ~」、「ひよっち(日笠陽子)、さいこ~!」、「なおちゃん(東山奈央)、かわいい!」です。
七つの海よりキミの海【初回限定盤】
『波打際のむろみさん』主題歌、上坂すみれ『七つの海よりキミの海』は衝撃的な楽曲ですね。

続きを読む


著者プロフィール
渡辺文重

1973年生まれ。福岡県北九州市出身。フリーランス編集者/ライター。有限会社ブンヤ取締役。パソコン雑誌のライターを経て、2003年に有限会社ブンヤ設立。携帯サイトの企画、運営、編集、執筆などを行う。主な分野は、サッカー、ゲーム、アニメなど。メールボックスに届く有料メルマガは、1週間で約100通。ちなみに、アニメの視聴時間は1週間平均1500分となっている。

ツイッターID:@sammy_sammy

著者による内容紹介

有料メルマガを1カ月3~4万円分購読して、その中から「注目!」に値する有料メルマガをピックアップしていきます。特に面白かった有料メルマガは、1週間に1本のペースを目標にレビューしていきます。また、日記も掲載しています。こちらは、アニメに関する記述が多めとなっています。

津田大介メディアの現場×渡辺文重の有料メルマガ批評 セット割引スタート!!
月別アーカイブ