【近況報告】考えて判断するのか、それとも勘に頼るべきか

posted on 2017/04/26/ 11:30:16

最近、会社員時代のことを思い出します。

基本、有限会社ブンヤの取締役として「フリーな立場」で、さまざまな会社から仕事を依頼され、その報酬で生活しているのですが、何回か正社員として企業にお世話になるという経験もしています。

今回、昔話を思い出すキッカケとなったのは「シャドウバース」における以下の考察です。

ドロシーがハンドにある時に知恵の光を撃つべきかどうか
https://ameblo.jp/earman178/entry-12245744963.html

知恵の光とドロシーの話
https://gameband.me/shadowverse/articles/7238

記事の最後にも出てきますが、これは「フレーミング効果」に関する話となるでしょう。



そもそも「知恵の光」の目的は、山札を圧縮することなので、このカードを入れた時点で「使えるのに使わない」という状況はあり得ない。これが理性的な判断だと思うのですが、突然「勘」がひらめく時があり、その勘に従った結果、勝利をつかむ場合もあります。また世間一般でも、「勝負どころでは理性的な判断よりも勘に頼った方が良い」といった体験談が、しばしば聞かれます。

さて会社員時代の私ですが、某Webメディアの編集長を任されていました。サイトに使用する写真だったり、何を特集するかを決めたり、そういう仕事をしていたのですが、編集部に人数もいなかったこともあり、私は大体の物事を「勘」で決めていたのです。

ある時、上司に呼び出されて、こう質問されます。

「渡辺くん、君はどうして、〇〇を特集しようと思ったの?」

「勘です」

編集長を任され、それなりに成果を出せている自負もありましたし、ものすごく自分の勘に自信があったんですよね。だから私は正直に答えたのですが、上司はため息をつきます。そうして、こう言いました。

「渡辺くん、君はもっと考えた方が良いよ」

当時の私は「はあ」と生返事をするぐらいで、その意味を深く考えなかったのですが、つまりは「考えて判断しない人間は成長できない」って指摘だったんですよね。

その場その場で「正解」を出し続けられたとしても、それは積み重ねにならない。単に「運が良かった」「勘がさえてた」というだけの話で終わり。細かい分析なり、状況判断を積み重ねていかないと、真の意味で成長できない。そういう意味では、自分は成長を期待されていたんだなと、いまになって思うわけです。

これまでの人生を振り返ると、あまり深く考えず、勘に従って生きてきた印象が強いんですよね。それで後悔することも特にないのですが、勘というのは結局のところ独りよがりなもので、他人を説得できるものではない。自分の人生は自分だけのものなので、それで問題ないのですが、カードゲームで勝とうと思ったら、しっかりと考えて、判断を下さないといけないのだなと、「シャドウバース」のウィッチデッキで10連敗を喫した時に思ったのでした。

なお、やっぱり考えることが重要なので、状況に応じて考えた結果、「知恵の光」を使わないという判断があっても良いと思います。


著者プロフィール
渡辺文重

1973年生まれ。福岡県北九州市出身。フリーランス編集者/ライター。有限会社ブンヤ取締役。パソコン雑誌のライターを経て、2003年に有限会社ブンヤ設立。携帯サイトの企画、運営、編集、執筆などを行う。主な分野は、サッカー、ゲーム、アニメなど。メールボックスに届く有料メルマガは、1週間で約100通。ちなみに、アニメの視聴時間は1週間平均1500分となっている。

ツイッターID:@sammy_sammy

著者による内容紹介

有料メルマガを1カ月3~4万円分購読して、その中から「注目!」に値する有料メルマガをピックアップしていきます。特に面白かった有料メルマガは、1週間に1本のペースを目標にレビューしていきます。また、日記も掲載しています。こちらは、アニメに関する記述が多めとなっています。

津田大介メディアの現場×渡辺文重の有料メルマガ批評 セット割引スタート!!
月別アーカイブ