【サッカー人気1位】ザーゴとは何だったのか? 鹿島が復活す…

Dio-maga(ディオマガ)

【円コラム:そんな睡魔に起こされて】ある日のキャプテンマーク(1257文字)

今年の3月1日、場所は日産フィールド小机。今シーズン開幕前最後のトレーニングゲームが行われていた。1週間後の開幕戦の先発と目される主力組はその前日、大宮アルディージャとの非公開のトレーニングゲームに出場していたため、関東学院大と対戦するこの試合は、いわば控え組のメンバーだった。

雨が降る肌寒い天候の中、長いキャンプを締めくくる最後の試合で、腕にキャブテンマークを巻き先頭に並んでいたのは日髙慶太選手。記憶を辿ってもトレーニングゲームで日髙選手がキャプテンマークを巻く姿は思い出せない。モンテディオの一員になってからは、おそらく初めてのことだった。

日産フィールド小机は日産スタジアムに隣接している。その立地上、ジュニアユースまで横浜F・マリノスのアカデミーで育った日髙のモチベーションをくすぐる石﨑信弘監督の粋な計らいかと、試合中もずっと疑わずにキャプテンマークの動きを気にしながら観戦を続けていた。

(残り 858文字/全文: 1257文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ