【サッカー人気4位】西野TD会見全文レポ「酒井宏樹補強の理…

Dio-maga(ディオマガ)

【山形vs新潟】レポート:狙われたハイプレス。それでも前を目指せるか?(1989文字)

■2015明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第4節
7月25日(土)山形 1-3 新潟(19:34KICK OFF/NDスタ/11,206人)
得点者:23′ 指宿洋史(新潟)、42′ 山本康裕(新潟)、69′ ディエゴ(山形)、90+5′ 鈴木武蔵(新潟)
公式記録(山形公式)
———-
試合開始から間もなく、チーム内で異変は共有されていた。

「ハマってないなあとは思いましたね、今日は。行く気持ちはあるんですけど、なかなかスイッチが入らなくて、バランスがうまく取れてなかった」(石川竜也)
「相手のサイドバックに入ったときに、プレスに行く前に蹴られてしまって、ターゲットにボールが収まるプレーが多かった」(宮阪政樹)

その異変を修正しきれないまま、モンテディオは前半で2点を失うことになる。

この異変については、対戦相手である新潟が仕掛けた側面もあることを、新潟・山本康裕が明かしている。

(残り 1677文字/全文: 2066文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ