【サッカー人気5位】5枠交代はJリーグを潰すのか? レノフ…

Dio-maga(ディオマガ)

【松本vs山形】石﨑信弘監督(山形)記者会見コメント「一度リードしたところで最後の粘りが足らなかった」

■2015明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第9節
9月23日(水・祝)松本 2-2 山形(14:03KICK OFF/松本/15,412人)
得点者:7’岩上祐三(松本)35’ディエゴ(山形)83’キムボムヨン(山形)86’前田直輝 (松本)
————-
●石﨑信弘監督(山形)
「本当に、非常に大切なゲームということは、私自身も選手もよくよく知っている中で、中2日というゲームで、アウェイ、アウェイとちょっとリスクがあるゲームだったんですけど、2-2という形で引き分けた。ただ、一度リードしたところで最後の粘りが足らなかったんじゃないかなと。ただ、松本に対して、長いボールが多くなってくるという話と、それに対してしっかり競ることとセカンドボールということ、前節は柏レイソルとやったんですけど、蹴られる分、なかなか守備のところでリズムができなかったんじゃないかなと。ただ、長いボールに対してもしっかり競ってセカンドボールもしっかり拾っていくということで、特に前半は必要だったんじゃないかなと。PKを決めて1-1で、それから落ち着いてゲームができるようになりましたし、キム ボムヨンの素晴らしいゴールというところはあったんじゃないかなと思います。

残りあと6試合、一つ一つ大切に戦っていくしか自分たちはないので、次の仙台戦に向けて、また中2日ですけど、気持ちを切り換えて調整していきたいと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック