【サッカーパック人気4位】 鬼門ユアスタで仙台に屈し、今季リーグ戦初の連敗。“危険信号”の黒星に森…

Dio-maga(ディオマガ)

【臨時株主総会 会見コメント】細谷知行 山形県スポーツ振興21世紀協会理事長のコメント

スポーツ山形21世紀協会 
●細谷知行 山形県スポーツ振興21世紀協会理事長

「みなさまこんにちは。今日はどうもご苦労様でございます。先ほど、モンテディオ山形の株主総会が、全株主出席のもと、開催されました。その結果、高橋(節)代表取締役社長が、先ほど辞任されました。高橋元社長のこれまでのご労苦に対しまして、心から感謝を申し上げたいと思います。

また次に、森谷俊雄氏を社長候補者として取締役に選任をいたしました。森谷氏につきましては配布の資料にありますけれども、元県庁職員になりますが、県庁の総務部の次長をはじめ、企画振興部長、環境エネルギー部長として、部長職を4年経験しております。そういうことで、今後のモンテの新たな風を吹かせてもらって、大活躍につながっていくようにご期待を申し上げたいというふうに思っておりますので、皆様のご支援方もよろしくお願いを申し上げたいと思います。

なお、森谷氏につきましては、12月1日に開催される取締役会で代表取締役に就任される予定であります。以上です。どうぞよろしくお願いいたします」

Q:当初、来月1日に株主総会が予定されていましたが、急遽、今日になった経緯、理由を教えてください。
「12月1日付けでですね、代表取締役を退任するというようなことで、高橋氏からはいただいていた…まあ、意思表明をいただいていたところであります。11月上旬ですね。中旬になって、新聞報道で出されたように、『自らの進退を諮る』というような報道がありました。それがどういうことなのかなというようなことが、一部心配の声が出されたりもしましたので、その退任の意向について、意思について、再度確認をさせていただいた結果、本当にその通りにお辞めいただけるのかどうかという確証がですね、あるいは心証がちょっとわからなかったところがありまして、その12月1日に向けて新たな取締役の選任でありますとかそういったことで手続きを進めてきたわけでもありますので、その手続き等も滞りなく、新たな体制で円滑に進めるためには、できれば早期に株主総会を開きたいと。12月1日の取締役会において新体制にすぐさま移行できるほうがいいというような判断をしたところでございます」

Q:我々にとってみると急だったんですけども、誰から、どこからの提案だったんでしょうか?
「提案は株主のほうのですね、三者(山形県スポーツ振興21世紀協会、アビームコンサルティング株式会社、山形県)ということになります」

Q:理由として、たとえば成績不振であれば監督が辞任ということが一般的にはあると思いますが、社長が退任という理由は何でしょうか?
「ひとつには、監督の留任は決まっていたわけでありまして、監督につきましては昨年、J1に復帰する活躍をしたということもありましてですね、多少はそれで大変いいことだなと思いますけれども、その中で果たしてすべて誰も責任を取ることもなく、けじめをつけることもなく、そのまま移行していいものかどうか。プロスポーツを運営する立場から言ってですね、果たして今、何事もなしに通り過ぎていいのかというようなことも翻って考えてみたところでございます。そういうことを顧みながら今後どうするかということを検討した場合にですね、これまでのJ1からJ2に降格したチームの解任された方々の動向などを見てみますと、15ある降格したチームのうち、12で監督、または社長、あるいは双方がですね、退任をされて責任を明確にされているというようなことがございます。その中で、社長の退任ということが12チームのうちの7つですね、見られるというようなこともありまして、社長としては、成績も含めて全般的な責任を負う立場でもありますので、そういう意味ではけじめをつけていただいてどうかと、こういうようなことになったわけでございます」

次のページ

1 2 3 4
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック