【サッカーパック人気4位】 【J2うぉっち】運命の終盤戦へ:J2優勝、自動昇格の行方を展望する

Dio-maga(ディオマガ)

【練習試合レポート】仙台大学戦はユース石川が2得点。前へのチャレンジから選択肢が増える。

4月10日(日) 天候:曇
11:00キックオフ 場所:山形県総合運動公園 第3運動広場
モンテディオ山形 2-1(前半0-0) 仙台大学
出場メンバーなどの詳細はこちら

リーグ7戦未勝利、4連敗という状況で迎えた仙台大学とのトレーニングゲーム。モンテディオは怪我で戦線を離れている選手も多く、モンテディオユースから新3年生の選手3人を借りてメンバーを組んだ。システムは3-4-2-1。スタートからはユースの石川脩也が右シャドー、門馬哲平が3バックの右に入った。

序盤はプレーでミスも多く、ユース選手が入った事による守備の不慣れな部分が多くでた。3バックの両脇の対応で遅れる形で縦に抜け出されることが多く、ピンチを迎える。全体で見ればモンテディオがボールを握るものの、攻撃時に後ろのバランスが取りきれておらず、中盤を起点に、あるいは縦にパスを通されて、カウンターからシュートまで持ち込まれ、富居の好セーブや相手のシュートミス、ゴールポストなどに助けられる形で失点を免れていた。

サイドから中に切れ込む汰木康也。決勝点はシュートの選択肢もあったが、ユースにお膳立てをする形に。

サイドから中に切れ込む汰木康也。決勝点はシュートの選択肢もあったが、ユースにお膳立てをする形に。

(残り 2040文字/全文: 2584文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック