『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

Dio-maga(ディオマガ)

【山形vs讃岐】レポート:新守護神の活躍が目立ってしまったスコアレスドロー。

■2017明治安田生命J2リーグ第4節
3月19日(日)山形 0-0 讃岐14:03KICK OFF/NDスタ/9,828人)
—————

第4節にして漸く迎えたモンテディオ山形ホーム開幕戦。春の気配も感じられるNDソフトスタジアム山形にはこの日を待ちわびた9,828人が詰めかけ、スタンドを青く染めて声援を送ったが、結果は悔しいスコアレスドローに終わった。開幕戦勝利の後3戦連続のドローで勝点は6となり順位は10位のままだ。

やっとホームスタジアムに帰ってきた山形と、開幕から2分1敗と未だ勝ちのない讃岐。山形はキャプテン本田が復帰、シャドーの荒堀、センターバック左の石川が今季初先発でピッチに立った。迎えた讃岐は今季初めて3バックを採用。前節、山形と同じ3−4−2−1の愛媛との対戦で「守備に綻びが出た」(讃岐・北野監督)こともあり、形を変えてマンマーク気味に守備を当ててきた。

(残り 1454文字/全文: 1849文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ