【サッカー人気3位】ユンカー「デンマーク人全員がショックで…

Dio-maga(ディオマガ)

【山形vs長崎】高木琢也監督(長崎)記者会見コメント「これからのリーグ戦を考えると、気持ちのいいゲームをしてくれたと思っています」

■第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦
6月21日(水)山形 1-0 長崎(19:00KICK OFF/NDスタ/1,887人)
得点者:113’瀬沼優司(山形)
———–
○高木琢也監督(長崎)
「率直なところで言えば勝ちたかったですし、非常にいい内容のゲームをしていく中で、やっぱり勝利が欲しかった。また、本当に遠いところまでサポーターの方が来てくれて感謝しています。今日の選手たちは、なかなかリーグ戦に出られない選手を中心にメンバー構成したのですが、その中でも我々がやりたいことが浸透しているなということが確認できたことが収穫だったかなと思います。それはたぶん山形さんも一緒だと思います。今日のゲームは、満足してはいけないですが、こういうメンバー構成の中で、選手たちは自分のパフォーマンスや自分のチームのプレーに対する理解を深めながらプレーしてくれた。そのことに対して感謝しています。天皇杯はこれで終わりましたので、しっかりリーグ戦にむけての準備をまたこれから。その中で、今日の選手たちはいろんな意味で重要なポイントになってくると思いますので、気持ちよくではないですが、これからのリーグ戦を考えると、気持ちのいいゲームをしてくれたと思っています」

(残り 417文字/全文: 946文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ