Dio-maga(ディオマガ)

【山形vs徳島】レポート:まさかの6失点。10試合ぶりの、そしてホームでは今季初の敗戦。

■2017明治安田生命J2リーグ第20節
6月25日(日)山形 1-6 徳島(18:03KICK OFF/NDスタ/5,795人)
得点者:11’岩尾憲(徳島)23’山﨑凌吾(徳島)24’山﨑凌吾(徳島)33’渡大生(徳島)54’渡大生(徳島)55’杉本太郎(徳島)86’瀬沼優司(山形)
—————
シーズン途中から、失点も負け数も少ない安定した試合運びを実現し、5位まで駆け上がってきたモンテディオ。9戦無敗と今季ホームゲーム無敗は、これ以上ない大きな衝撃とともにピリオドが打たれた。1-6は今季3失点以上の試合がないモンテディオにとって初の大量失点。失点の1分後にさらに失点するケースも2度あった。守備をベースに粘り強く戦い、僅差で勝ちきる試合が増えていたチームが、「まさか」の事態に直面している。

互いに週中の天皇杯では大幅なターンオーバーを行い、リーグ戦の前節と同じメンバーでスタート。ただし徳島のシステムは、3-0と快勝した前節・熊本戦の3バックから、モンテディオの1トップに合わせて4バックに変更してきた。4-4-2、中盤はダイヤモンド。3-4-2-1のモンテディオは中盤では数的不利だが、そこをかいくぐり、あるいは相手を中央に寄せてから、サイドへ展開すればモンテディオが優位に試合を進めることができる。組織のズレ、ミスマッチは想定内。そこでどちらが主導権を握れるかが大きなポイントだった。

(残り 2284文字/全文: 2888文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ