【サッカー人気5位】【代表通信】甲府から日本の大砲へ。その…

Dio-maga(ディオマガ)

茂木力也「奪ったあとのボールをもう少し落ち着いてつなげていれば」【試合翌日の選手コメント】

■2017明治安田生命J2リーグ第28節
8月16日(水)松本 3-2 山形(19:03KICK OFF/松本/12,146人)
得点者:25’高木利弥(山形)37’セルジーニョ(松本)53’中村駿(山形)63’高崎寛之(松本)67’山本大貴(松本)
———–
○茂木力也選手
Q:3バックの準備もしてたわけですね?
「してました。いつも監督は相手によってフォーメーションを変えたりしてますし、練習でもいろいろ試したりしてますし、最近まで3バックだったので、今日に3バックに戻っても特に気にすることはなかったです」

Q:後半、4バックでいくときに、監督からどんな戦い方の指示がありましたか?
「マッチアップをわざとズラして間で受けたり、マッチアップをズラすことによって相手よりボールを保持するという考えはありました。やれた部分はあったと思いますけど、逆に守備の部分でワイドを使われたりしたなという場面もありました。でも、マッチアップをズラしたことによってボールを保持する時間は増えたんじゃないかなと思います」

(残り 1735文字/全文: 2185文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック