【サッカー人気3位】信頼回復のために必要なこと/広島 1-…

Dio-maga(ディオマガ)

【山形vs長崎】高木琢也監督(長崎)記者会見コメント「今日の印象を一言でいえば、ちょっとツキがなかったゲームだったかなと思う」

■2017明治安田生命J2リーグ第35節
9月30日(土)山形 0-0 長崎(14:04KICK OFF/NDスタ/4,785人)
得点者:-
———-
●高木琢也監督(長崎)
「今日の印象を一言でいえば、ちょっとツキがなかったゲームだったかなと思います。そのツキというところで言うと、技術と背中合わせというかつながるところがあると思いますが、GKがよく弾いたり、レフェリーのジャッジもちょっとわからないですが、そういうところにもちょっと運もなかったと。そういうところもいろいろ重なって、ラッキーなゲームじゃなかったなと思います。内容に関しては、引き分けで勝点1ということですけれども、山形さんのウィークポイントや、我々のウィークをストロングに変えるとか、あとは個人の特徴を生かした部分をいろんな局面で見せてくれたと思います。本当に内容に関しても満足しています。ただ、シビアな部分で言えば、勝ちきれない、取りきれないというところは、サッカーではどうしても勝点3を取るためには点を取らなけらばいけないので、選手交代を含めてそういう狙いを持って行きましたけれども、残念ながら点は取れなかったですが、選手達もそういう部分を理解しながら最後まで力を出してくれたことには非常に満足しています。また次もアウェー戦になりますが、しっかり頑張って準備したいと思います。最後に、遠いところまで来てくれたサポーターにも感謝しています。ありがとうございました」

(残り 1073文字/全文: 1690文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ