Dio-maga(ディオマガ)

加賀健一「2-1にしてしまったことがすべてだったと思います」菅沼駿哉「ディフェンスに課題が残る試合だった」【山形vs愛媛】試合後の選手コメント

■2017明治安田生命J2リーグ第39節
10月29日(日)山形 2-2 愛媛(16:03KICK OFF/NDスタ/3,707人)
得点者:57′ 阪野豊史(山形)58′ 汰木康也(山形)61′ 近藤貴司(愛媛)90’+5 西田剛(愛媛)
———-
○加賀健一選手
Q:最後の場面から聞かせてください。
「僕はあのときピッチで感じたのは、みんな集中していたということは感じてたし、最後やらせないぞというのは、僕自身含めてチーム全員がそういう思いでやってたのは僕にも伝わってきた。ただ、足りなかった。それだけだと思います」

Q:あの場面はマンマークでしたか?
「たぶん、ゾーンだったと思います。そこでしっかり先に触ることができれば良かったかなと思いますけど、相手のほうが最後、僕らより上回ったという感じです」

(残り 2799文字/全文: 3144文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ