【サッカー人気3位】Jを震撼させた等々力の“リニアモーター…

Dio-maga(ディオマガ)

〈Dio-maga〉インタビュー:17年引退のGK鈴木雄太が山形強化部に。「今は山形に恩返しをしたい」<後編>

御前崎キャンプから一度離れていたが、今は再び御前崎入りしており、11日までいるそうだ。山形で強化以外の様々な仕事もこなすなど、まだまだ下積みが始まったばかりだ。

06年にモンテディオ山形でプロキャリアをスタートさせたGK鈴木雄太が、17シーズンをもって現役を引退した。鈴木は12年までモンテディオ山形に在籍したあと、湘南ベルマーレ、ザスパクサツ群馬に在籍していた。
現役時代を通しての公式戦通算出場試合数は1。16年8月27日の第96回天皇杯1回戦ザスパクサツ群馬対ソニー仙台FC戦が、公式戦初出場にして現役最後の公式戦。リーグ戦のピッチに立つことはできなかった。
公式戦の出場は1試合のみだが、それでも積み重ねたプロキャリアは12年と長い。およそ4分の1のJリーガーが公式戦に出場することなく姿を消していくという厳しい世界で、GKという特殊なポジション性を考慮しても際立ったキャリアと言えるだろう。
鈴木の現役引退が発表されたのは1月21日。その日鈴木は、モンテディオ山形の御前崎キャンプが行われている御前崎NEXTA FIELDにいた。この時にはすでにモンテディオ山形の強化部入りが内定しており、すでにセカンドキャリアの道を歩み始めていた。
プロキャリアを終えて新たな道に向かう鈴木。現役時代から秘めていた思いや得た経験をどう活かしていくのか。
現役時代の苦労と感謝を綴りながら、セカンドキャリアに向かう胸中を語る。

<インタビュー・構成 嶋守生 インタビュー日 1月22日>

<<後編>>現役引退を決め、山形の強化部に。「山形は地元だと思っている」

Q:そのセカンドキャリアが決まるまでの話を聞かせてください。鈴木選手は17年でザスパクサツ群馬を契約満了になったあと、昨年12月のトライアウトも受けています。現役を続行する意思はあったようですが。
はい。キーパーはどこも契約満了がでているから、代理人の方からチームを探してもらって、トライアウトも受けて。トライアウトは緊張せず普段通りにプレーできたから「とりあえず(話を)待とう」となりました。でも年始になっても、いくつか話は絞られましたが、ちゃんとした話は貰えていませんでした。

(残り 1711文字/全文: 2683文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック