今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

Dio-maga(ディオマガ)

【練習試合レポート】もう一つのスタートライン

18.2.26. Mon
市原市スポレクパーク くもり
トレーニングゲーム vs 仙台大学
トレーニングゲーム 45分×2
モンテディオ山形 4(2-0、2-0)0 仙台大学
得点者:前半22分北川柊斗、前半34分阪野豊史、後半13分北川柊斗、後半40分練習生
詳細はこちら

開幕戦が0-3と完敗に終わった翌日、行われたのが仙台大学とのトレーニングゲーム。公式戦ではないが同じ90分の試合をすることで、チーム全体のコンディションをできる限り均一に保つのが大きな目的だ。さらに今回は、怪我明け間もない複数の選手たちにとって、合流後初の対外試合。体力や試合勘が公式戦で通用するレベルにあるかを確認する重要な機会となる。

チームとしても、若い選手主体で臨んだ開幕戦でいいところを出せずに敗れたことで、人の入れ替えで立て直す選択肢も当然視野に入る。木山隆之監督は「みんなテンション持ってやってたし、全体的に悪くなかったと思います」と一定の評価をし、怪我明けの選手については「まだ90分まではいっていないですけど、ここからコンディションが上がってきて、ぶり返さなければいいかなと思います」と慎重に復帰まで導く考えを示した。

(残り 1075文字/全文: 1567文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック