Dio-maga(ディオマガ)

【頼コラム】2011年3月10日の雪かき

この間、パソコンの写真ファイルを見ながらふと思いついて、過去のライブラリを2011年3月まで遡ってみた(こういうことが簡単にできるのでデジタルは本当に便利である)。言うまでもなく、念頭にあったのは東日本大震災だ。あの日、自分は何かを撮っていたのだろうか。考えてみたら、そのことについての記憶が全くなかった。

結果を言えば、3月11日当日に撮った写真は一枚もなかった。さすがにそれどころではなかったのだな、と最初は思ったが、多分そうではない。あの日、私は仙台の自室にいた。午後2時46分にとんでもない揺れが来て、その瞬間に電気が止まった。兎にも角にも一旦は揺れが収まり、一時見失った飼い猫を発見してホッと一息ついた時にはもう日が暮れかかり、その後は暗闇だった。光源は小さな懐中電灯のみ。要するに、何も見えなかったのだ。

(残り 1134文字/全文: 1491文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ