【サッカーパック人気5位】 【Jクラブ戦術フォーカス】ヴィッセル神戸、鹿島アントラーズ、横浜F・マ…

Dio-maga(ディオマガ)

北川柊斗「先に点が取れていればもっと楽な試合になった」【山形vs栃木】試合後の選手コメント

■2017明治安田生命J2リーグ第11節
4月28日(土)山形 0-1 栃木(14:03KICK OFF/NDスタ/8,046人)
得点者:83′ 牛之濵拓(栃木)
———–
○北川柊斗選手
Q:内容は押していただけに、悔しい結果になりました。
「何よりも先制点が大事だったというか。先に点が取れていればもっと楽な試合になったし、こういう結果にならなかったのかなと思うので、攻撃のクオリティを上げていかないとな、というのは感じました」

Q:前半はいくつかチャンスが作れていたと思いますが。
「そうですね。シュートは5本ぐらいしか打っていないですが、やっぱりやり切るところ、精度、その二つですね」

(残り 1114文字/全文: 1406文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック