【サッカーパック人気4位】 似た者同士が激突する真っ向勝負。残留を目指す町田が、譲れないもの【水戸…

Dio-maga(ディオマガ)

三鬼海「プラン通りと言えばプラン通りだった」瀬沼優司「自分のやるべきことを出せるように心がけてプレーしていた」【新潟vs山形】試合後の選手コメント

■2017明治安田生命J2リーグ第15節
5月20日(日)新潟 0-0 山形(14:03KICK OFF/デンカS/18,397人)
———–
○三鬼海選手
「相手に持たれる時間が多くなると思っていたので、まずは守備をしっかりやろうという話はしていて、焦れずに守備をやっていればスペースは空いてくると思うので、そこを使えればという話をしていて、本当にその通りになって、最後、そこで仕留めれればという感じでした。プラン通りと言えばプラン通りだったと思います。相手の攻撃陣が強力だったので、そこをゼロで抑えられたので、そこは評価できるところだと思います」

(残り 1473文字/全文: 1748文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック