Dio-maga(ディオマガ)

【山形vs柏】木山隆之監督記者会見コメント「リーグ戦でプレーするチャンスが少なかった選手たちが、自分のプライドと献身性をものすごく持ったプレーを見せてくれた」

■第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦
7月11日(水)山形 2-1 柏(19:00KICK OFF/NDスタ/)
得点者:67′ 坂井達弥(山形)90′ クリスティアーノ(柏)90+4′ フェリペ アウベス(山形)
———–
○木山隆之監督
「お疲れ様でした。平日にも関わらず本当にたくさんの人に来ていただいて、その中で選手たちも非常に意欲のある前向きなプレーが多かったですし、その中で勝利することができたので、良かったかなと思います。もちろん、立ち上がりを含めて何回かピンチを招くこともありましたし、ボールを保持されることもありましたが、我々も攻撃に出た時にはチャンスも作れていたし、前半をイーブンできたのはよかったなと思います。最後、このまま粘り切れるかなと思った時に、あそこで厳しいエリアに人とボールが入ってくるところはさすがだなあと思いましたけど、でも、最後までしっかり勝つために選手たちは前に出て言ったので、非常に良かったと思います。結果的にも勝てましたし、リーグ戦でプレーするチャンスが少なかった選手たちが、自分のプライドと献身性をものすごく持ったプレーを見せてくれたので、非常に収穫の多い、実りの多い試合だったと思います。また次、天皇杯はFC東京とできるということですので、そっちの方も頑張っていきたいと思います」

(残り 727文字/全文: 1291文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ