Dio-maga(ディオマガ)

汰木康也「せっかくこういう機会だし、出し惜しみはしてもしょうがないし、ボールを持ったら全部しかけるつもりでやった」北川柊斗「もっともっと自分を出さなきゃいけないので、次のリーグ戦に向けてがんばります」【山形vs柏】試合後の選手コメント

■第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦
7月11日(水)山形 2-1 柏(19:00KICK OFF/NDスタ/)
得点者:67′ 坂井達弥(山形)90′ クリスティアーノ(柏)90+4′ フェリペ アウベス(山形)
———–
○汰木康也選手

Q:決勝ゴールのクロスについて。
もう(アディショナルタイムが)4分という指示があったので、なるべく自分がボールを貰って全部ドリブルで仕掛けないとチャンスが出来ないと思ったので。その結果うまく行った、行き過ぎた感じですけど、あれくらい強引に行っちゃった方がいいというのは。それがゴールに繋がりました。

(残り 1568文字/全文: 1838文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ