【サッカー人気4位】宮本優太らが朗らかな表情を見せる。前日…

Dio-maga(ディオマガ)

坂井達弥「後ろはしっかり粘り強くゼロで、絶対に点を取ってくれると信じてやろうと声をかけていた」中村駿「この勝点3は3以上の大きさがある」【山形vs岡山】試合後の選手コメント

■2017明治安田生命J2リーグ第25節
7月25日(水)山形 1-0 岡山(19:03KICK OFF/NDスタ/4,675人)
得点者:90+4’小林成豪(山形)
———–
●坂井達弥選手
Q:今日は手応えのある内容に感じましたが。
攻撃陣もDFラインと中盤の間で結構受けれてボールを持てることが多くて、自分たちの持ち味も上手く出せてチャンスを作れていたんですが、なかなか決める機会がなくて。そこで失点してしまうとチームの士気も下がってしまうので、後ろはしっかり粘り強くゼロで、絶対に点を取ってくれると信じてやろうと声をかけていたし、自分でも絶対に集中を切らさないようにやろうと思っていたので、最後は皆で1点取れてよかったです。

(残り 2651文字/全文: 2965文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ