本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

Dio-maga(ディオマガ)

【練習場フォト】荘内銀行がサポーター有志にコレオ協賛金贈呈

8月11日の山形県民応援デー東京ヴェルディ戦で、サポーターが行うコレオグラフィーについて、荘内銀行からサポーター有志に協賛金が贈呈された。荘内銀行によるコレオグラフィーの協賛は今年で3年目となる。

7月31日に山形市本町にある荘内銀行で行われた贈呈式には、モンテディオ山形の森谷俊雄社長、サポーターを代表して、20周年県民デー満員プロジェクト実行委員長の須藤公氏と有志代表藤倉晶氏が参加し、須藤氏がコレオグラフィーの詳細を説明。

荘内銀行の上野雅史代表取締役頭取は「J1を目指して頑張って欲しい。一緒に応援していきましょう」とエールを送り、協賛金を贈呈した。

今年のコレオグラフィーは、新しく作られるビッグフラッグのデザインに合わせた青白模様。当日は新ビッグフラッグのお披露目も同時に行われ、試合前の会場を派手に演出する。

須藤氏は「20周年なので、今までやってきたコレオの中でも一番のものにしたい。選手がこのコレオを見て、絶対に勝つと思ってもらえるようにしたい。昇格争いや優勝争いをする時にもコレオをやりたいので、それに繋げていきたい」と意気込みを話していた。

試合当日は先着15,000名にはサポーターズユニフォームがプレゼントされる他、吉川友やタイムマシーン3号が来場するなど多数イベントが用意されている。
山の日となる8月11日東京ヴェルディ戦は、大勢のサポーターでゴール裏を埋め尽くし、試合を大いに盛り上げたい。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック