【サッカーパック人気4位】 継続される徹底項目と、チーム力の底上げの予感。「自分たちありきで好き勝…

Dio-maga(ディオマガ)

【山形vsFC東京】レポート:J1相手に激闘。PK戦の末、またも児玉のストップでベスト8進出

■第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会 4回戦
8月22日(水)山形1-1(PK7-6)FC東京(19:03KICK OFF/NDスタ/3,515人)
得点者:7’ディエゴオリヴェイラ、9’阪野豊史(山形)
———–
両チーム5人ずつが蹴って全て成功。PK戦は延長に突入し、さらに緊迫の度合いを増した。勝負が決したのは7人目だ。山形は「気持ちで蹴りました」という安西がしっかり決め、FC東京の富樫のキックは児玉が止めた。J1上位のFC東京を向こうに回し、一歩も引かない激闘の末の勝利。決勝まで進んだ2014年以来、クラブ4度目のベスト8進出が決まった。

リーグ戦から中3日。怪我人や登録上の問題で使える選手が限られる中、木山監督の苦心の後が見える先発メンバーは、GK児玉、CB西村・ジャイロ・松本、ボランチ安西・中村駿。WBは右に山田、左に古部。FWは阪野を頂点に、中村駿太と北川がシャドーを務めた。中村駿太はこの試合が公式戦初先発である。

(残り 2144文字/全文: 2565文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック