優勝候補は見えたか?J1上位5クラブの実力を査定する(J論)

Dio-maga(ディオマガ)

【ランダムフォーカス】学びながら〜射庭康太朗選手


京都産業大学から今季モンテに加わった射庭選手。ここまでは残念ながら試合メンバー入りに至っていませんが、4人のキーパーチームの一員として、良いトレーニングを積んでいます。

「(大学生だった)去年とは環境も周りの選手のレベルも全然違うので、いろいろなことを学びながらやれているかなと思います。試合にはなかなか絡めていませんが、ダマさんやクシ君が試合でいいプレーを出したり、しっかり結果を出しているところを見て刺激を受け、練習を頑張ろうという感じです」

高いレベルで正GKのポジション争いをしている児玉選手と櫛引選手からは、吸収することも多い様子。

「ダマさんやクシ君はいろいろなことを経験しているだけあって、経験で止めるというか、シュートコースをわかっていて止めていることが見ていてわかる。自分もそういう経験をどんどん積み重ねていきたいと思います」

また、プロとしては先輩にあたる、一つ年下の摂津選手とは良き仲間であり、ライバル。
「一緒に頑張っているという感じです。あいつは今年、2試合ベンチに入ったので、そういうところにも刺激を受けています。負けないようにやっていきたいですね」

試合に一歩でも近くために必要なのは「まずは練習のゲームで、簡単なミスをせずにしっかりプレーすること」と、射庭選手は言います。その言葉からは、ピッチの上で自信を持って自分のプレーを出すことができれば、道は拓けるはずだという自負が伝わってきました。フィールドプレーヤーに比べ、デビューへの道のりははるかに遠いのがGKの宿命ですが、射庭選手は焦らず、止まらず、前進しています。

文・写真:頼野亜唯子

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック