【サッカー人気5位】2位・名古屋相手に被シュートゼロの“完…

Dio-maga(ディオマガ)

【ランダムフォーカス】守備の見せ場~西村竜馬選手


3−3と思いがけず点の取り合いになった松本戦。0−2で迎えた後半からの戦いに勢いを与えた汰木選手、反撃の狼煙を上げた栗山選手、相手のミスを逃さず同点ゴールを決めた小林選手、勝ち越されたゲームをアディショナルタイムのゴールで振り出しに戻した中山選手、そしてラストプレーとなったPKストップで場内を湧かせた櫛引選手と、たくさんのヒーローが生まれました。

しかしもちろん、これはチーム全員でつかみとった勝点1でした。西村選手もその一人です。印象に残るのは中山選手のゴールをアシストした折り返しのヘッドですが、その前の時間帯、圧力を強めてくる松本の攻撃を水際で押しとどめた守りに感動した人も多いのではないでしょうか。特に80分頃、ゴールマウスに櫛引選手と並んで立ち、シュートを立て続けに2本、(もちろん足で)弾き返したプレーはまさに守備の見せ場でした。

出場停止の松本怜大選手に代わり、7試合ぶりの先発出場となりましたが、今季リーグ戦出場は4試合目。決して満足のいくものではないでしょう。それでも、巡ってきた出場機会にしっかりと、プロの意地と集中を見せてくれました。試合後に「勝つつもりでやってたんですが。追いつけたのでよかったと思います」と語った西村選手。ディフェンスとしては3失点でのドローは悔しい結果ですが、この勝点1はきっと、残り試合にポジティブな意味を与えてくれるはずです。

文・写真:頼野亜唯子

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ